喫煙との関係

喫煙との関係

女性の喫煙率は男性の喫煙率に比べるととても低く、男性の喫煙率は32.4パーセントで、20歳代〜50歳代は40パーセント前後もの人が喫煙しています。それに対し、女性の喫煙率はなんと9.7パーセントなのです。一番高い喫煙率の世代でも16.6パーセントの30歳代、次いで40歳代の喫煙率も16.5パーセントなのです。

 

 

 

お店を良くリピートする女性の多くは20歳代後半から30歳代前半のいわゆる若い女性が多いのです。その喫煙率が引くい女性にリピーターになってもらうお店を作るには、やはり分煙があるところでしょう。喫煙する人にとっては喫煙できる場所がないと困りますが、同じようにタバコを吸わない人にとっては喫煙する人と一緒の空間にいるのは嫌なのです。

 

 

 

タバコの煙が髪の毛や洋服についてしまいますし、間接的に喫煙することになるので健康的にもよろしくなく、タバコを吸わない人はタバコの煙がもくもくしているお店にはいきたくないのです。分煙がきちんとされていて、お客さんへの配慮がきちんとなされているとリピートしたくなるのです。つまり、居心地のよいお店というのはマナーがしっかりしている場所なのです。

 

 

 

お店側はもちろんの事、そのお店に来るお客さんのマナーもしっかりしているのです。タバコを吸わないという事をしっているのであれば、禁煙席に通してくれたり、洋服に匂いが付かないようにフロントで預かってくれたりなどという気遣いができるお店なのです。どんなに値段が高い場所であっても、それに見合ったサービスを提供してくれるのであればリピートするのです。